目立つ京都の看板の特徴とは何か

街中のいたるところで、建物の上や横などにお店や会社名を明記した看板を見かけます。これは目的地を目指している人への案内や、お客様を誘導する為の目印として用いられているものです。日々の生活の中でこのような看板を探したり、見つけたりする事で目的を達成した経験があるでしょう。この看板ですが、同じ企業や店舗の看板でも地域や地区によって違いがあります。これにはちゃんとした理由があって、地域毎に建物の基準が定められていたり、また京都などの有名な観光地などにおいては景観保護の観点から、例えば、コンビニエンスストアなどの看板でも色使いにも制限が設けられていたりします。これは、京都という地域が世界遺産を始めとした歴史的な建造物がたくさんあり、それを保全する事を目的にしているからです。

京都における看板の特色について

観光などで京都を訪れた時に、全国展開をしている有名なチェーン店やコンビニエンスストアなどの看板が、普段から見慣れているものと違う色やデザインだというに事に気づかれた経験があると思います。建築基準や景観保護の観点から全国各地でこのような看板デザインの違いがありますが、特に京都は昔からの建物や歴史が脈々と受け継がれている土地柄で、他の地域と比べてもその違いが如実に大きいのが特性としてあります。特に京都の看板にはデザインそのものよりも色合いに特徴があります。その他の地域と比較して色使いに制限がある為に、赤などの明るい色は祇園や八坂神社といった有名観光地では使用できなくなっており、地味目な色合いになっています。これは、歴史的な建造物の妨げになる色使いを避ける為の対策になります。

どのような看板であれば京都でも目につきやすいのか

京都における看板の規制は21の地域に分けられていますが、中でも市街地でなおかつ歴史的な建造物が集まっているところになります。市内でいえば東山区や中京区、上京区や左京区などが代表的な例になり、それぞれ八坂神社や二条城、京都御所や下鴨神社などがある地域になります。ただこのような規制もあまり見かける事が無い事情もあり、逆に物珍しくて風情がある、と言った意見も聞かれます。また、このような規制の枠組みの中でもどうすれば目立つ看板を掲げられるのか、各店舗や業者が思案しているのですが、最近の傾向として看板の規制は屋外に限られている事に目を付けている店舗があります。それは屋内の道路に面した窓際に看板を掲げる事です。これであれば、現在の規制では問題がなく各店舗や業者のイメージカラーそのままに出来ますし、また周囲が規制の看板でもある事からより際立つ存在となっています。

集客アップに貢献する看板を提案します! LED看板なら今までの蛍光灯看板よりずっとランニングコストを抑えることができます。 デザイン性・訴求力のある看板のご提案をいたします。 看板の改修のご相談も承ります。 環境に優しいLED照明の看板なら企業のイメージアップにも貢献! アクリル看板は衝撃に強く、どんな天候でも対応可能。 年間300件以上の看板製作・デザイン・取付! 京都で看板制作してくれるのはアクリルサイン