京都で看板を出す際に気をつけたいこと

京都では、都市条例の一つに景観条例という条例を制定しています。歴史的な景観を維持するため、景観を損なってしまうような高層オフィスビルや高層マンションの建築を禁止しています。景観条例の中には、街並みを損なってしまうような看板を掲げることはやめましょうと謳われており、青色や赤色といった原色系の派手な色を使用した看板を掲げることは禁止されています。お店を立ち上げる際やリニューアルをする際は、ショップサインに注意する必要があります。京都でショップサインなどを作る際は、事情に詳しい地元の業者に依頼するとよいでしょう。お店のイラストやロゴマークに使えない形状や配色がある場合は、きちんと対応した上で代替案を提案してもらえます。京都で看板を出す際は、地元の業者に依頼しましょう。

昔ながらの景観を損なわない京都の看板

神社仏閣が多くあり、昔ながらの風情ある街並みが特徴的な京都ですが、街並みに溶け込むような自然のイメージで作られている看板が多くみられます。少し古い素材を使用した看板や、別の物をリメイクして使用している看板や、また街の雰囲気に合わない原色系の派手な色を使わない、少し地味な印象にあえて仕上げている看板が多くなっています。さらに木などの自然を原料としたものが多いです。そして看板に書かれている文字は、筆で描いたような文字がほとんどで、ナチュラルな雰囲気で作られているのが、京都の町で掲げられている看板に多く見られる特徴です。これらの傾向は他の都市では見られないため、京都ならではの特徴のある看板を楽しみながら、街を散策するのも新しい街歩きの楽しみ方の一つとなっています。

街並みにはんなり馴染む京都の看板

京都では市内の全域を21種類の規制区域に分け、看板の大きさや高さ、色を規制しています。そのためファーストフード店やコンビニ、スーパーなどの看板は白地を基調としており、文字の色も黒や紺、海老茶色といった落ち着いた色が多くなっています。赤や黄色が目立つ有名なチェーン店も、京都の店舗では控えめな色の看板を採用しているほどで、とても落ち着いた上品な印象となっています。また他にも白地に黒文字で店名を描くシンプルな看板や、和紙をイメージして作成している看板があるなど、全体的に和風で古めかしいテイストが多くなっています。全国規模で展開しているチェーン店でも、一見すると分からないようなシックなデザインが多く並んでいますが、京都の街並みに馴染み、調和するような工夫がされています。