京都エリアで魅力的な広告看板とは

国内外問わず、京都は人気の観光スポットです。多くの文化遺産に自然をうまく取り入れた独特の美は、訪れる人々の心を捕らえて離しません。春には桜と雛祭り、夏には祇園祭に五山の送り火、秋には萌え出ずる紅葉、冬には雪化粧を纏った静謐な景観と一年中見どころが盛りだくさんの京都です。日本における古くからの伝統的な意味でも重要な立ち位置にある京都は、その様相を守るために、内外における様々な努力をしてきました。そのうちの一つが、外装の一つである広告や看板です。全国展開している大規模なチェーン店であっても、周りの風景を損なわないように典雅な佇まいを演出するように努めています。元が色鮮やかでポップな色合いと文字の看板が典型であっても、その周りの店が落ち着いた雰囲気であれば溶け込めるように字体や看板のバックを変えています。

京都で見られる魅力的な広告看板

古めかしくも華やかな京都の街並みに溶け込みつつも、おしゃれで人目を惹くデザインの看板が多く見られるのも京都ならではの魅力です。具体的にどんな風にアレンジしてあるのかの例を幾つかご紹介します。全国展開しているコンビニなどは通常は決められたロゴや色使いで存在を主張する事が出来ますが、そのデザインは必ずしも京都の街並みに合ったものとは限りません。シックなイメージを持たせつつ店名を目立たせるために、配色を反転させて雰囲気を落ち着ける方法があります。普段は白地の店名を黒字にし、逆にバックの背景を白地にして通常の看板とは逆転したイメージを持たせる方法です。他には、色を落ち着けるかわりに店名のロゴ部分だけに立体感を持たせて浮き立たせる、看板の材質を木目にして和風テイストを醸し出すなど、京都独特のオリジナリティ溢れる看板が人々の目を楽しませます。

広告看板を京都で表示する際に注意している点

古都である京都は、都市の景観さえも一つの文化的な必要要素だと考えています。その重要性は公的に認められており、昭和31年には屋外広告物法関する条例を発令し、条例に基づいた規制を布いてきました。看板だけでなく、ポスター一枚貼るのにも市長の正式な認可が必要とされるほど厳しいものです。規制は営業用看板だけでなく、営利目的ではない私的なものや公的な広告看板も含みます。主だった観光地だけでなく、工業地区や一般居住地区においてもそれは同じです。種類と程度の差こそありますが、京都府は景観アドバイザー制度を創設して美しい街並み作りをしようと試みています。この制度は、看板を景観に相応しいものかどうかの知識を専門家が授けてくれる制度です。こうした多くの努力によって守られた京都の街並みの美しさが多くの観光客を魅了し、観光客から得られる収益が都市の様相を守るための一部として還元されてゆくのです。